注文書ダウンロード

注文書ダウンロード

※プリントアウトして、ご利用ください。

印刷物制作チェックポイント

キレイなチラシよりも集客できるチラシを作りたい。そんなお考えの皆様の参考になればと思い、まとめてみましたので、是非チェックしてみて下さい。

基本コンセプト(チラシの3大要素は①注目②動機③脅迫です)

お店・サービス・商品を知ってもらう

営業マンの教育ではありませんが、まずは自分を売り込むという気持ちをお持ち下さい。
お店や売り込む商品・サービスを一言で表すキーワードを考えてください。お店・サービス・商品のコンセプトがしっかりしていないと、軸がぶれてしまい、何を訴えたいのか分からないチラシになってしまいます。
まずは、チラシで何を訴えたいのか一言・一文章で表す言葉を探してください。その一言がキャッチフレーズとなり、何を宣伝しているチラシか一目で分かります。
※注意点
業界用語禁止。一般の人に業界用語を使っても、何のことか理解してもらえません。チラシを作る際は、常に一般の方が読んで理解できる言葉を使用しましょう。

チラシの雰囲気=お店等の雰囲気にする

元気な居酒屋のチラシなのに、チラシはシックな雰囲気にすると、ご来店されたお客様は戸惑います。なるべく雰囲気は統一しましょう。

顕在ニーズ or 潜在ニーズ?

今買いたい人に訴えるのか、いつか買いたいと思っている人に訴えるのかで、チラシ作りのポイントが変わります。前者の健在ニーズなら具体的に価格提示をするなどチラシを見る事で購買意欲をそそらなければなりません。一方後者の潜在ニーズに訴えかけるのであれば、商品を使用することによるメリットなどをできればシリーズ化で訴えかけていくほうが効果的です。

集客のための具体的手法(順不同)

1.見出しに特典をつける

チラシにより注目を集めるために大変重要な要素です。
ヒトは【無料】【割引】【限定】という言葉に非常に反応します。
特典をつけることにより反応率が変わってきますので、流行のアイテムや気を引く小冊子などを活用しましょう。
今後の来店やリピートを期待できるようなサービスや商品をご提供しましょう。

2.枠の工夫

1色の印刷であっても、枠の雰囲気でチラシの感じが変わります。高級感・POPな感じなど工夫してみましょう。

3.ストーリー性を持たせる

問題提起→あぶりたて(問題点の掘下げ・脅迫)→解決策の提示というストーリーが理解していただきやすい。

4.お客様の反論への対応

お客様は広告を見ながら裏を読もうとしています。実際はこんなはずない、と思いながらチラシを読んでます。例えば「家作り勉強会」とあっても、「実際は売込みやろう?」と思っています。そこで、あらかじめ「売込みではなく、広告に惑わされない確かな知識を得ていただくのが目的です」と、お客様の反論(疑問)への対応をチラシの中でしておきます。これが無いとゴミ箱一直線です。

5.商品の比較は異なるもので付加価値を高める

他社や他商品の誹謗中傷はご法度です。また、他社の同等品と比較すると、ライバル商品の存在をクローズアップさせてしまい、逆効果です。その代わり、まったく違ったものと比較します。例えば、「高層ビルは坪300万円ですが、その最新技術を応用した当社の住宅は坪60万円です」。今では坪30万円位の住宅もありますが、付加価値をつけることで割高感を感じさせなくすることができます。

6.チラシのシリーズ化

チラシは単発よりも複数回、しかもシリーズ化したほうが良いです。シリーズ化の効果として、①何回もしてる→好評なんだ、というイメージ付け ②次のチラシを見たときに、「あっ、また来たっ」と頭にすり込ませる ③最終回でお客様をあおれる、などが挙げられます。

7.お客様の声を入れる

意外かもしれませんが、チラシで一番読まれる部分です。効果として、①信頼性の向上 ②商品・お店のメリットをお客様の声を通して、分かりやすく説明できる ③商品で差別化できなくても、お客様の満足度により差別化を図れる ④お客様が気にしているところを指摘することで安心感を与えることができる、などが挙げられます。
お客様の声の注意点は、①5人以上が望ましい。3人では少なすぎます ②ウソはつかない  ③仮名で良いのでフルネームで記入する ③普段からお客様の声を収集しておく ④声が少なければ、無理やりモニターを募集してそれを実績にしてしまうのも1つの方法です。

8.特典はできるだけ多く!!

無料特典はできるだけ多いほうが良いです。なぜならお客様はどの特典に反応するか分かりません。1つより5つあるほうが反応率は高まります。
また、無料特典といっても特別なものを用意する必要はありません。通常行なっているサービスやプレゼントなどを大々的に取り上げれば良いのです。「こんなん当たり前のサービスや」その当たり前をメリットに数えることで、いろいろサービスの多いところだなあ、という印象が植え付けられます。
また、特典がモノであればその写真を載せる、説明を詳しくするなど、特典自体を魅力的なものにすることもお忘れなく。

9.その他のテクニック

①連絡方法は複数にする。(TEL/FAX/E-mail etc.)
②電話番号は特に大きく
③電話番号の前に「今すぐ」の一言を!!(通販の手法です)
④担当者名を入れる。(連絡した時にスムーズに取り次げる ため)
⑤地図は分かりやすく。その地域に行けば誰もが分かる目 印を入れる。

以上、参考になれば幸いです。これらのポイントを踏まえて右記のチェックリストにご記入下さい。そして一度ラフなスケッチを作りましょう!!

TEL 072-240-9310(杉元まで)

店長のブログよろず瓦版ご近所つながりMAPお客様の声

クーポン

Tシャツプリント

オーダーグッズ

印鑑ゴム印名刺販促ツール

コピーサービス