●実印マメ知識  ●お役立ち情報  ●印鑑方位

実印マメ知識

意外と知らない印鑑のこと。いざという時に役立つ便利な情報を集めてみました。

1.実印について

私たち個人が市区町村役場に特定の印鑑を登録すると、その印鑑が登録されたものに間違いないという証明をしてくれます。この登録した印鑑を実印といい、市区町村役場が行う証明を印鑑証明といいます。

2.実印の大きさ、材質等

1) 印影(印鑑を押したときの跡)の一辺の長さが8ミリ~25ミリの正方形より小さいもの。
2) 氏名をあらわしているもの。基本的には姓名を彫ったものであるが、各地区によって若干の違いがあります。印鑑登録は、印鑑であればなんでも出来る?というわけではありません。本人の氏名をまったく表さない印影(彫刻名)は登録できません。したがって、ペンネームや芸名、通称の印鑑などでは登録できないことになります。 登録印には、氏名あるいは姓または名のいずれかでなければできません。たとえば独身女性の場合、いま現在の法律では、結婚すると女性のほうが苗字が変更される例が多数ございます。そのため、名前のみの実印を作って一生使用するという方も多数いらっしゃいます。
3) ゴムなどの変形しやすい材質の判や、印影が不鮮または文字の判読ができないものは登録できません。

3.実印の変更

まず、最寄りの役所で、印鑑登録廃止申請書を提出します。同時に、新しい印鑑で印鑑登録をします。尚、実印の変更は何度でもできます。

4.外国人の方の場合

日本での印鑑登録をする場合も、住民登録をしてある市町村役場やその出張所に登録しようと思う印鑑を持参し備え付けの申請書に必要事項を記載した上で、窓口に提出します。
ご登録いただく市町村役場や、住民基本台帳または外国人登録原票に記録又は登録内容により、お作りする印鑑の内容が変わりますので、事前にご登録いただく市町村役場に、お尋ねいただくことをお勧めいたします。

お役立ち情報

お役立ち情報①

AIDMA(アイドマ)の法則
Attention(注意)
Interest(関心)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(行動)
「消費行動」のプロセスに関する仮説消費者があるモノを知り、それから買うという行動に至るまでのプロセスコミュニケーションに対する反応プロセスでもある。現在は、[AIDMA]をインターネットに適用したときの[AISAS]なんてのもあるそうです。

お役立ち情報②

折込広告を帯に入れる方法
折込広告を入れる際に、帯にしてもらえると反応率は高くなります。但し、帯はどこも取り合いです。ある社長は帯に入れてもらえるように、各新聞配達所に電話を入れていました。
また違う店長は、折込作業をしている時間帯を狙って『いつもうちのチラシを帯に入れてもらってありがとう!!』と手土産を持っていくそうです。紙質としてはコート紙などのツルツルした紙より上質紙などのコピー用紙系の紙の方が帯に使われます。サイズはB4でないと帯にできません。

印鑑方位

店長のブログよろず瓦版ご近所つながりMAPお客様の声

クーポン

Tシャツプリント

オーダーグッズ

印鑑ゴム印名刺販促ツール

コピーサービス