もじ工房 みくにのはんこ屋

  • もじ工房電話番号072-240-9310
  • もじ工房FAX番号072-240-9311
  • 営業時間月~金 10:00~18:00
    土曜日 10:00~17:00
  • 定休日日曜日、祝日
  • もじ工房LINE
  • もじ工房ご相談フォーム

ブログ

目的と手段を一致させる【名刺編】

いつもありがとうございます。
堺市三国ヶ丘駅徒歩2分、もじ工房の店長の杉元です。
堺市堺区の“がんばる会社・お店の応援団”
開業準備もお任せ頂けるとっても便利なお店です!
印鑑・名刺・ゴム印・各種販促のご相談があれば、

一度お電話下さい072-240-9310

先週末に頂いた名刺の制作で、ボクが犯したチョンボの告白です!

イベントをされる男性の名刺を作成しました。

婚活ではありませんが、男女の出会いの場を提供されるのだとか。
そこで知り合いの女性を増やすために名刺を作りたい。
女性とコンタクトを取る手段としてLineでお友達になることでした。

Lineを登録する際には

①QRコード
②LINE ID
③ふるふる(今そんなんしてる人見ませんが^^;)

うちの店でも簡単に登録してもらうためにはQRコードが一番手っ取り早いです。
今回のお客様も、QRコードを主に登録してもらう手段として活用するとのことでした。
またこんなことも言っておられました。
『可愛く、シンプルだけどとにかく可愛い感じで!頼みます~』ということで、
とにかくたたき台を作りました。

はい、ここでちょっとしたズレが生じました。

ボクは可愛く、という部分をフォーカスしてます。
お客様は可愛くなんですけど、目的はLINEでお友達になること、です。

ここでQRコードの問題点を二つ
①名刺の中で使うと、黒い物体なのでデザイン性を損なう、という妙な存在感を発揮してしまう点
②LINEにおけるQRの読み取りは、通常のQR読み取りアプリより精度がかなり悪い

①を解決するためには、QRコードはより小さく入れたい
②を解決するために、極力小さいQRコードにしてはいけない。

本来はギリギリの小ささで配置するのが一般的です。
(もちろん自分のLINE、スタッフのLINEで読み取りチェックをするべきです)

ボクが出したたたき台はこんな感じ

なるべくQRコードは目立たないように、という配慮です。
この時なぜか普通ののQRコード読み取りアプリを使用してました。

普通に読み取れたんですね、その時。

デザイン的にも気に入ってくれて校了して印刷かけました。

かけてからふと気になったんです。
「あれ、LINEの友だち追加のQR読み取りでちゃんと読み取れるんかな~?」ってことが。

すぐに確認しました!

「アカン~、読み取れんわ~」

恐れていたことが起こりました。
LINEで仕上がりの連絡をして「すぐイキマ~す!!」ってことでしたので、もう来るのを待つしかない。
ご来店いただき、すぐにお見せしました。
お見せして「実は~。。。」と事情を説明しましたところ

『それ意味ナイで~!!』

当然ですよね、目的はLINEで登録してもらうこと。
名刺を渡すだけではないのです。
「一手間かけさせたらアカンねん、それは職人と男がよくやる過ちやわ~」

と叱責を受けました。

ま、すぐにやり直しました。

ど~んと存在を主張しすぎるQRコード
目的遂行第一の名刺としてご満足いただけましたε-(´∀`*)ホッ

今回の気付きは、タイトルにも書いたとおり

目的と手段を一致させる

ということですね。

お客様の意図を理解して形にしていくのが僕達の仕事なんだと改めて感じた一件でした。
やること一つ一つに意味がある、ということです!!

反省します!!

ではまた

LINE@やってます。

LINE@登録はこちらから!

校正で利用していただくととっても便利です!

良ければこちらからお友達になってくださいね

ご注文やら校正やら仕上がり連絡、キャンペーン情報などに活用させてもらってます。

はんこ屋げんのSNSです。

  

よろしければ一度見てやってください~♪

【お問い合わせはこちらまで】
南海・JR阪和線 三国ヶ丘駅徒歩2分
お急ぎの印鑑・名刺・ゴム印はお電話でご相談下さい。
もじ工房みくにのはんこ屋
590-0024
大阪府堺市堺区向陵中町2-3-15
TEL072-240-9310
FAX072-240-9311
E-mail : hankomikuni@leto.eonet.ne.jp
URL http://mojikobo.net/

記事一覧に戻る