もじ工房 みくにのはんこ屋

  • もじ工房電話番号072-240-9310
  • もじ工房FAX番号072-240-9311
  • 営業時間月~金 10:00~18:00
    土曜日 10:00~17:00
  • 定休日日曜日、祝日
  • もじ工房LINE
  • もじ工房ご相談フォーム

ブログ

J1リーグ第5節【J1第5節】セレッソ大阪vs横浜Fマリノス 上出来な結果

清武・山下の負傷離脱という非常事態発生を救ったのは?

先週の土曜日のマリノスとの対戦。

ルヴァンカップの実質二軍対決とは違い、ガチンコの対戦となりました。

先発メンバーはこんな感じ

第4節で負傷した山下は復帰できず、木本が先発に回りました。
茂庭さんと最後まで悩んだそうですが、より結果を出している選手を起用した模様です。

そして、木曜日に負傷したらしい清武の代わりはセレッソ一熱い男、関口。
何度も何度も関口には助けられたこの2年間でした。

 

齋藤学を封鎖せよ!

相手チームのキーポイントは両サイドハーフ。

特に齋藤選手には自由にさせてはいけない、というミッションがサイドの松田陸選手と関口選手には課されていました。

結論から言うと、齋藤選手、そしてマルティノスにはほぼ仕事をさせず完封しました。

昨年との守備の違いは一目瞭然で、規律が守られとても統率されている感じです。
その要員の一つはヨニッチ選手

Jリーグ.jpさんから写真を拝借しました。

センターバックながら、すでに2得点と攻守の要となっています。
競り合いに負けない、危機察知能力が高くカバーリングの質が高い
ロングフィードもそこそこ、とセレッソにはいなかった強固なセンターバックの出現です。
そしてさらには木本選手

彼はもともとボランチの選手です。
なので、ディフェンスラインから組み立てのパスがポンポンと入ります。
この試合でも数本山村選手などへの縦の鋭い楔のパスが入ってました。
トップ(下)へのこのパスはかなり有効に見えました。
そして得点まで取ってしまうのが今の木本選手です。

とてもきれいなゴールですね!!

そして二点目

やはりセレッソは8番が決めないと話しになりませんね〜

この前の展開も丸岡選手の仕掛けからのPK奪取でした。
丸岡選手もいい動きをしていましたね!
去年とは大違いです。

丸岡選手が入ったあたりから、トップ(下)の山村選手がディフェンスラインまで下がり5バックに変更した模様。
そしてクリーンシートでほぼほぼ完勝だったかと思います。

守備の安定がもたらす信頼感

本当に昨年とは大きく違う守備の安定感。

昨年(だけじゃなくこの数年)は守備が組織ではなく個人任せだったと思います。

それを組織として守る規律をあたえることによりやることが明確になっているようです。
そして最終ラインが安定してるので、前のディフェンスも思い切って仕掛けられるという好循環になっています。

このまま守備は熟成させて貰いたいですね。

あとは攻撃陣が更に連携を見せてくれると更に良しです。
一戦ごとに連携は良くなってきてるので、流れの中から得点が生まれるのは時間の問題でしょう

次節は王者鹿島戦

第2節の浦和レッズにコテンパにやられたところから、どれだけ成長できたのか試させる一戦となりそうです。

なんか曜一朗がやってくれそうな予感です!!

ではまた

記事一覧に戻る